服が年齢を重ねて似合わなくなる気が…こんな不安、私だけ?

服が年齢を重ねて似合わなくなる気が…こんな不安、私だけ? 30代のお悩み

が、年齢を重ねるほど似合わなくなるような気が…」

鏡を見て、ふと、そんな不安におそわれることってありませんか?

年齢を重ねるにつれ、自分のファッションって周りからみてどう?と気になったり、前は似合っていた服に違和感を感じたり。

当ページでは、「年齢とともに似合わなくなっている気がする」といったお悩みを持つ女性たちの口コミ&お悩みに対するアドバイスをご紹介。

どのような解決方法があるでしょうか?

好きだったはずの服が年齢を重ねるごとに悩みに

もともと服が好きだったのですが、年齢を重ねるごとに服で悩む時間が増えていくのが悩みでした。

 

結果、無難な服ばかりで揃えていたら、コーディネートも色も単調なものになっていました。

 

現在もシンプルなデザインは好んで選んでいますが、そこにプラス好きな色や要素を少しずつ加えていくようにしました。

無難と好きなものをバランスよく取り入れることを意識して、服を選ぶ楽しみを取り戻しています。

 

その時は良いと思い買った服が、暫く経つとあまり魅力的に感じなくなることが時々あります。

それらの服が、気が付けば「タンスの肥やし」となっています。

 

せっかく買ったものなのでそういう感情を減らしたいのですが、変化しやすい感性や価値観の問題で仕方がないことなのかなと感じています。

 

しかしながら、10年経った現在も大切に着続けられているものも少なからずあるので、できることなら素敵な出会いを増やしていきたいです。
(みつき 30歳 大阪)
(お悩み番号:wa3017)

 

ボトムスにキレイなカラーを持ってきては?

明るい配色を取り入れたいとのことですが、トップスではなくボトムスで取り入れるのがオススメです。

 

実際に芸能人の方の衣装でも、トップスは黒やグレーでスカートにピンクやブルーなど綺麗な色を持ってきている方が多くいらっしゃるので参考にすると良いと思います。

(ひつじ 27歳 神奈川)

 

 

自分の着たいものを着ても良い!

外国では年をとるほど、カラフルな洋服を着たりファッションを楽しめるといわれています。

 

日本人は年をとるごとに地味な色やデザインの洋服になってしまいがちですが、もっと自分の着たいものを着て良いと思います。

 

若いときは若いときなりの似合う似合わないがありますが、年ととるとともに似合う洋服などの幅も広がってくると思います。
(あいこ 27歳 沖縄県)

 

メイクと髪型を見直してみては?

割と抽象的な悩みなのでそんな場合はまず「メイク」と「髪型」を見直してみたらいいと思います。

 

自分では気が付かないかもしれないけど肌のト-ンが微妙にくすんできていたり必然的にに合わなくなった口紅やアイメイクをそのまま続けている可能性もあると思います。

 

チ-クの色やハイライトの入れ方を少し勉強して表情から明るくなってみることも解決方法の一つだと思います。
(はるか。58歳 北海道)

 

年齢にあったブランドはやっぱり似合う♪

似合う服、変わってきますよね!

若いときのものまんまや、若い人のブランドのものは、違和感を感じるものが多くなりますし、素材なんかも何でも似合うわけではなくなってきます。

 

対策としてはターゲットが自分の年齢にあったブランドのものを買えば、まず似合うと思います。

 

私は長く着れそうなアイテムや、値段がバレそうなアイテムはある程度いいものを。

そして流行のものはプチプラで気軽にとりいれて、ミックスさせてます。
(かよ 37才 千葉県)

 

自分が好きな色を着ましょう!

私も同じ悩みです。

先日ついに20代後半に突入してしまい肌つや・髪質が変化し、若い頃に着ていたパステルカラーの服たちが似合わないように感じています。

 

しかし、一度きりしかない人生、暗い色の服よりも可愛いカラーの色を着たい!と思っているので好きな色の服を着ています。

 

自分が好きな色を着ましょう!

(まみこ 静岡)

 

1番生き生きと過ごせるのは、似合う服ではなく着たい服!

わたしは、着たい服を着たらいいと思います。

 

自分が1番生き生きと過ごせるのは、似合う服ではなく、着たい服。年齢を気にして、好きなものを制限してしまうのは、もったいないように思います。

 

服よりも、笑顔で過ごすことの方が大事です!

(ぽん 31 静岡)

 

 

 

年齢を重ね、昔と同じコーディネートはちょっと…

自分の洋服のスタイルと挑戦したいスタイルの狭間で悩んでいます。

 

エフォートレス、シンプル、綺麗めな洋服が心地よく、ワードローブには、そうゆうアイテムが多いのですが、70年代や80年代のファッション、グランジ系も大好き。

 

かといって、可愛い水玉やマルジェラの足袋ブーツみたいな個性派も大好き。

 

それぞれのアイテムを、普段着にどうやってた組み込むか悩んでいます。

 

年齢も年齢だし、昔のようなコーディネートでは、中身との矛盾があって、アラフォーなりのミックスコーデの方法が知りたい!

 

アラフォーだからって無難にまとまりたくないし、もっともっと自分の好きなスタイルに挑戦して、もっともっとお洒落を楽しみたいし、自分だけのスタイルを確立していきたいです。
(ユミコ 35歳 オーストラリア)
(お悩み番号:wa3016)

 

自分が気に入って買った物は割と長く使えている

私も年を重ねるごとに服の選び方が変化しています。

時々自分に合う服がない!と焦ったり…。

 

しかし、流行りに乗らず、ただ自分が気に入って買った物は割と長く使えている気がしています。

流行りのものは確かに合わせやすいし、良いものなのでしょう。

 

しかしあえて流行りを外し、純粋に自分の今着たい気分のデザイン、カラー、素材などの服を買っておくと、他は無難な服を合わせても、自分らしい着こなしになると感じています!

(cona 33歳 千葉)

年齢的に自分のファッション、周りからみてどう?

ファッションはとても好きですが年齢的に自分のファッションが周りからどう見られているか気になります。

 

ゆったりした服が流行りでかわいいと思いますが、着こなしを間違えると妊婦に見えてしまう気がします。

 

また、たまに明るい配色のコーディネートをしてみたいと思いますが年齢を重ねるに連れて周りがどういうふうに見るか不安ではあります。

 

他の人がしているコーディネートとかぶりたくないと思いながらも、つい無難な色を選んでしまいだいたい同じようなファッションになりがちです。

 

しだいに年齢よりも老けた印象になってしまうのではないかと悩みました。

 

ただファッションはヘアスタイルや小物でイメージが変わることもあります。

 

毎日試行錯誤して変えてみたりして今のところはこの方法で個性を出せるので楽しいです。
(bananas 33歳 岐阜)
(お悩み番号:wa3018)

 

第3者の意見を取り入れてみては?

年齢を重ねていくにつれて、自分の服の好みも変わっていくのはとても自然なことですし、自分の恰好を客観視することも自然の流れだと思います。

 

もしこれから新しい服を購入されるときは、店員さんなどにアドバイスをもらったり、第3者の意見を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

年齢に沿った雑誌などを読んで、そのスタイルを取り入れてみるのもアリだと思います。
(ボニー 40歳 千葉)

 

自分が一番喜ぶファッションを♪

私も同年代なのでそんな不安もわかります。

 

以前、アパレル店員をしていたのですが、歳を重ねると色もくすみがちで保留的なファッションを好む方が多いように感じていました。
決まってそんなお客様を対応すると若作りなのではないか?
違和感があるのではないか?とおっしゃいます。

 

ですが、それは逆だと思っています。
服は誰のために着ますか?
自分が一番喜ぶファッションをすればいいのです。
(かな 39歳 東京)

 

私も30代に入り、なかなかカラフルだったり華やかな服装がし難くなってきました。

 

ついモノトーンの服を選びがちですが、30代ならではの上品なオシャレは意識しています。

 

アウターやパンツは地味なカラーでも、インナーやバックで差し色にする、華やかなアクセサリーを着ける等で地味なファッションにプラスするよう心がけています。(まるまり 33歳 長野)

ほんとに同感です。

 

痛々しくないファッション、陰口を叩かれないファッションを目指していると、どんどん個性が失われ、何のためにファッション選びをしているんだか分からなくなってきますね。

 

やはり、人目を気にしすぎる傾向の日本人だからこそ、年齢との調和を重んじてしまうんでしょうね。

それは素敵なことかもしれないですが、パリのアラフォーさんは色柄ともにハデです。

とても輝いてます。

あの境地を目指したいものです。

(ゆゆ 40歳 兵庫)

 

ファッションは周りと比較し始めると急に自信がなくなります。

そんな時は一番身近で率直な意見を正直に言ってくれる家族に聞いてみても。

 

最近流行りのゆったりスタイルは体型カバーに向く物が多く、二の腕・太もも・お尻が代表的だと思います。

よく検討しないと逆に本来の体型より大きく見えてしまいます。

ファッションを髪型や小物の変化で楽しめている様なので、そこにプラスしてメイクなどで雰囲気を変えるのも良いと思います。
(アリス 39歳 埼玉県)

今はらくちんアイテムたちが流行っていて嬉しい限りですが、若々しく見えるためには、大人はどこかに女らしさでポイントを作ることが必要だと思います。

 

例えば大きなピアスで髪をアップにするだけでも違うと思いますし、靴とカバンは女っぽいものにするとか。

 

あと色はだんだんパステルカラーは似合わなくなります。

でもパステルに、すこしくすみが入ったような色だと、きっとしっくりくると思います。

(かよ 37才 千葉県)

まとめ

年齢を重ねてくると、今まで着ていた服が似合わなくなる……。

そんなお悩みに対して、

  • 客観的なアドバイスをもらっては?
  • 自分の好きな服を着ればいい
  • 年齢を重ねるとともに似合う服が変わってきたと捉える
  • メイクやヘアスタイルを見直してみる

などの前向きな意見もありました。

“年齢を重ねる”のは、誰にでも平等に起こり得ること。

ネガティブにとらえず、おばあちゃんになってもファッションを楽しんでいきたいですね。